June 14th, 2011

越後妻有、初夏のアドベンチャー

Written by Tomomi Sasaki

現在、AQはロフトワークさんとタッグを組んで「大地の芸術祭の里 越後妻有」のウェブサイト・リニューアルに取り組んでいます。デザイン作業に没頭する前に、現地に行こう!ということで、1泊2日の出張に出掛けました。越後妻有に行くのは、2009年の遠足以来です。

「越後妻有アートフィールド」と呼ばれる一帯は、760平方kmもある

うぶすなの家

1日目のランチは、念願の「うぶすなの家」で頂きました。

正面からみたうぶすなの家

家のなか

水餃子と山菜のランチ

焼酎、ではなくお茶が入った素敵なコップ

見て、歩いて、見て、歩いて

地図を見ながら運転しつつも、何かあるとすぐに車を止めて空気を吸って、写真を撮りました。

子どもと行くアート鑑賞は2倍楽しい。Eliyoと行くアート鑑賞は、3倍楽しい!

どこを切り取っても、絵になる風景

有機的な形の棚田

閉鎖したスキー場

まつだい農舞台

一昨年、里山食堂で食べたランチが忘れられなくて、戻ってきました。

越後まつだい里山食堂

いちごフェア。ケーキを食べて、今回の隠れミッション達成だ。

カバコフの「棚田」の場所。地震の影響で、見ることができない。

作品の説明をするEiko

ジェームス・タレルの「光の館」

予約が取りにくくて有名ですが、たまたま日曜日〜月曜日でとれたのでした。実は、大昔の2006年に一回泊まったことがあります。

参上!5人で貸し切りでした

まずは、オリエンテーション

まかないご飯

鉢の石仏

写真を撮っていたら、「ここを下ると、もっと大きいのがあるわよ!市の文化財になっているのー」と近所のおばちゃんが出てきて教えてくれました。とりあえず行ってみたら、鉢の石仏でした。

石仏

石仏

狛犬

掃除をする小学生。土足厳禁だ。

絵本と木の実の美術館

とても気に入って、2−3時間くらいマッタリしてしまいました。平日ということもあり、なんと貸し切りでした。

流木でできたカラフルなインスタレーション

1階のカフェ「Hachi」

Hachiの家具

秋山郷

次回はぜひかたくりの宿に泊まりたいです。

オルガンを弾いてみたり

トレッキングをしに、絶対に戻ってきたい

最後に、そしてこれから

初めてトリエンナーレ時期をはずして行った3回目の越後妻有。また違う楽しみ方があって、とてもオススメです。完全に旅レポートに見えますが、旅の企画プロセスを自己分析したり、出会った人々の情報フローについて議論したり、地名のサイネージをウォッチしたり、温泉のなかで越後妻有のデジタルコミュニケーションについて語り合ってノボセたり、という立派な出張でした。

さて、サイトは2011年8月のリリース予定です。お楽しみに!

清津川沿いの風景

書き残してきました

Photos by Ishida-san and Tomomi.

佐々木朋美AQのディレクターとして、アイディアを企画に落とし、押したり引いたりとプロジェクトの遂行に精を上げる。朋美の記事をもっと読む


Blog / ブログ

6人の好奇心と和気あいあいとした毎日の議論から生まれる発見と夢を語る場です。