April 7th, 2010

TAB Talks:瀬戸内国際芸術祭とTwitter

Written by Tomomi Sasaki

2010年7月19日ー10月31日に開催される瀬戸内国際芸術祭2008年夏に現地を訪れ、ウェブサイト制作担当として動き出してから、だいぶ時間が経ちました.作ればいいってもんじゃない、と数回に渡るウェブサイトのリニューアルと並行して、ソーシャルメディアの活動も意欲的に行ってきました.特にTwitterは、2009年夏頃から国内で大ブレイクしたことを受けて、色々と面白くなったこともあり、力を入れてきました.

AQメンバーが関わっているTwitterアカウントは、個人のものを含むと12-13個あります.運用体制に見合うツールを試し、フォロワーとのやりとりを通して知見を共有し、時にはGoogle Analyticsやbit.lyの解析結果と睨み合い、日常的に活発な議論を行っています.

そんな中で、「アートとTwitter」をテーマにしたトーク・イベントの企画が立ち上がり、TAB Talksを復活して実現することになりました.

TAB Talks #17 「アート・プロモーションのTwitter活用術」
会場: loftwork Ground
スケジュール: 2010年03月14日 20:00~22:30
住所: 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F
電話: 03-5459-5123

「Twitterという独特なプラットフォームを駆使して、どのようにしてアートへの興味を喚起し、コミュニティを構築するのか?」という問いを掲げ、東京アートビートの寄付キャンペーンの一貫として行われました.


プレゼンテーションとパネル・ディスカッションのメンバは、以下の通りです:

この豪華キャストに加わり、アート・イベントにおけるTwitter利用のケース・スタディという位置づけで、@setouchi_art_jpを紹介させていただきました.

以下が、プレゼン資料です.
スライドだけ見ても内容を追えるように、フォーマットを修正して説明を追加してあります.

また、当日の様子は、Ustreamのアーカイブでご覧いただけます:Part OnePart Two
(撮影担当:助田徹臣氏

ここ一年の活動をまとめて発表しましたが、まだまだこれからです.会期に近づいたらFacebookでのコミュニティ構築にも乗り出したいし、英語Twitterもまだ軌道に乗りきれていないし、とやりたいことは沢山あります.

最後に、もう一度Twitterのリンクを掲載します.フォローミー!

それでは、みなさんと、オンラインの何処か、又は瀬戸内海の島でお会いすることを楽しみにしています.

佐々木朋美AQのディレクターとして、アイディアを企画に落とし、押したり引いたりとプロジェクトの遂行に精を上げる。朋美の記事をもっと読む


Blog / ブログ

6人の好奇心と和気あいあいとした毎日の議論から生まれる発見と夢を語る場です。